心身共に健康に

ジャニーズが好きなアラサーのブログです

【JUMP】色々と分析したけど、自担以外のメンバーの存在はかなり大事だと実感した件

皆さまこんにちは。

 

もしかしたら、Twitterのフォロワーさんやこのブログを定期的に覗いてくださっている方々は察しているかもしれません。

ええ、躊躇わずに言いますと現在Hey!Say!JUMPと山田涼介くんに絶賛冷め期到来中です。

 

いやー、参ったー。

こればかりは気持ちの問題だからどうにもならないし、冷め期を公言したところでどうなんだというところもあるけど、今後の自分自身の記録の為に残しておこうと思って、備忘録的な意味合いでこの記事を作成してます。

 

色々考えられる要因はありますけど、自分なりに分析した結果、

①供給過多

②先月の山田くんのブログ

③光くんがいない

この3つになりました。

 

①についてはさ、いや、本当に何よりもファンの為に色々やってくれている中で烏滸がましいにもほどがあるんだけどもさ、

・ジャにの24時間TV

・LEO様配信

ハガレン&俺かわ

・公式インスタ

と追うべき情報が増えちゃってちょっとしんどいわーってなってます。

ちなみに公式インスタはフォローしてないしインスタライブも見ていない。

JUMPに対して真剣に向き合えていない自分自身もイヤなので、最近JUMPに関してはSNS上で結構自衛していて、TwitterではSnowMan・エイト・他グル(主になにわ)といった感じのつぶやきになってます。

 

 

②これに関しては先日の記事に書いたことが全て。

ssmsasa.hatenablog.com

 

 

 

③私は今年の2月から約半年弱の期間で気づいてしまいました。光くんの存在の大きさに。やっぱり7人だと物足りないし、光くんだ!ってすぐ分かるあの明るい髪色と、軽快なボケや大事なところでカッコいい発言する光くんがめちゃめちゃ恋しいです。心の底から欲してます。光くんが戻ってきてくれた時のJUMPを想像すると、めちゃめちゃワクワクする訳ですよ。私はやはり「グループに所属している個人」が好きなんだなと実感してます。

多分、光くんが戻ってきたら急いでJUMPのインスタフォローして今までのLIVEの円盤見返しながら「JUMPっていいグループだわー」と言っている未来がハッキリと見えます。そしてこんだけ光くんについて語ってるけど、私は山田担です。光くんが戻ってきた時に「あれ?想定よりもJUMPにときめかないぞ?」となったら担降りなのかもしれない。でも今のところ降りる覚悟?も無いし光くんがいつか戻ってきてくれるのを心待ちにしてることで気持ちを繋いでいる感はある。まぁさっきも言った通り私山田担だけどね!!!

 

 

実は、今月末がFC更新期限でして、まだ入金していません。が、光くんが戻ってくることを信じて、もう1年様子を見ようかなと思ってます。

あと、ハガレンも5月に観て結末が気になっちゃってしょうがないから今月に最後の錬成編を観に行きます。

今回ちょっと短めですが、現状の気持ちを残しておくことで後々振り返られるようにということで。

 

次回は多分、「オレンジkissダサい問題」について語ります。笑(先に言っておきますが私は好きです)

それではまた!

【答えが一切見えない】世代が異なるジャニオタとの関わり方

皆さまこんにちは。

 

ssmsasa.hatenablog.com

 

 

ssmsasa.hatenablog.com

 

以前にも何度か「30代独身女性がジャニオタである件について」

をテーマにして上記のような記事をいくつか書いたことがあるのですが、大まかなテーマとしては「非ジャニオタとの関わり」についてだった気がしています。

今回は、「年代の違うジャニオタ同士との関わり(特に歳下)」について最近感じたことをまとめていこうと思います。

 

きっかけになった出来事は、最近職場の20代前半の女の子(以下A子ちゃんとします)がスノ担だという事実が発覚したところからのスタートです。

A子ちゃんは自己紹介の際、好きな芸能人に「ジャニーズのSnowManと、K-POPとかが好きでーす」とZoom上で言っていたので「おっ!一緒だー!誰担だろう」と思い、今度直接会った時に聞いてみよう!という気持ちにまではなったのですが…

 

結局聞かずに終わりました。

 

いや、冷静に考えて、「20代前半の女の子に大体10歳くらい歳の離れたアラフォー手前のおばさんがジャニーズについてカミングアウト。しかも同じグループ。うん、引く。」という事実を客観視した結果です。

 

仮にだけど、A子ちゃんから私に「ジャニーズ好きなんですか?誰担ですか?」って聞かれたらウキウキで答えてたと思うの。

そして多分、私の予想だとA子ちゃんの雰囲気的に渡辺担・目黒担・岩本担のどれかだとは思ってるんですよ。もしだよ、もし仮に自分からその子に聞いておいて自分と同じ阿部担だった時の気まずさ…考えただけでも恐ろしい。同担拒否ではないけどさ、ふいに知ってしまう同担は気まずいじゃん。

ということで、聞かずに踏みとどまっておいてよかったなと個人的には思ってる。

 

 

で、ここからは私の完全な偏見なんだけど、

関ジャニ∞➡︎自分から言える。誰担か聞かれても答えられる。

Hey!Say!JUMP➡︎自分からは言えない。ジャニオタの子に聞かれた時だけ答えられる。ジャニーズ詳しくない人にはとにかくお茶を濁し続ける。

SnowMan➡︎自分と同年代以上だったら自分から言える。自担がクイズ番組などTV出演多くて個人の認知度は高めなので、誰担か聞かれて割とすんなり答えられる。

(そもそも掛け持ちしてるのを話すのが抵抗あるけどね!)

 

エイトは歴も長いし認知度も上がってきているのでもう抵抗や恥ずかしさはない。

JUMPはいつまで経っても中々カミングアウトしづらいなーと勝手に思ってます。ほんと何でだろう。昨今の山田くんブログの件が未だに私の中に響いているから、ファンだと公言しづらいのも正直あるかも。

SnowManは私の年齢やそれより上の年代の方でもファンが多いことは自覚してるけど、若いファンの子がめちゃめちゃ多いのも分かっているので、カミングアウトは若干慎重。(リア友で私がスノ担なのを知っている人は2人?とかくらいかも。でもJUMPよりはカミングアウトに抵抗ないのは事実。)

 

 

色々うだうだ言ってるんだけど、前々から言っている通り、結局のところは他人に迷惑かけなければどんな生き方しようと自由だと思ってます。

ただ、「30代・女性・独身」という肩書きは本当にデリケートで、「独身だけど楽しそうに生きていていいな」と多少誰かに憧れられたり、おこがましいけどほんの少しだけ誰かの生きる希望としての存在になりたいなとは自分なりに思っていて。「ジャニオタをカミングアウトした時に今の自分はそう思ってもらえる立場かな」と考えちゃう訳です。

 

実際にA子ちゃんから「この仕事、出会いが無いって聞いていて、実際どうなんですか?」という質問があって、「あー、この子に私がジャニーズ好きなことを伝えたとしても全くいい影響与えられないな」と感じちゃったんだよね。私自身が「30代独身・ジャニーズが好き・出会いに積極的じゃない」という存在そのものなので。これ以上私が趣味の話をすると、私の趣味趣向がA子ちゃんにとってマイナス要素になってしまう。それこそ私の趣味趣向の類に失礼だ。

 

 

A子ちゃんが私の年齢になってもジャニーズが好きだったら、いつかカミングアウトしてもいいかな。そんな日くるのか分からないけどね!

30代独身女性ジャニオタの日常〜最近、嵐が好きです〜

皆さまこんにちは。

 

現時点で「大倉忠義をベースに、山田涼介をすごーく遠くから見守り、阿部亮平をただただ尊敬し愛でている」という状態のみんみんです。

大して中身の無い近況報告をします。

 

 

①ネイルを変えた件

f:id:ssmsasa:20220601225406j:image

これのために毎月この記事書いてる気がする。

緑系にしようか迷ったけど、最近流行っているマグネット?を初めてやってみました。かわいい。普段から定期的にブログを読んでくださっている方々はお察しの通り、わたくし写真を撮るのが下手くそなので、インスタは向いていないし、閲覧用です。

今回も渡辺担のネイリストさんで、話題は「ライブのグッズ」について。

ネイリストさんのお友達がWEST担らしく、WESTの現場によく行くらしいのですが、WESTって本当にグッズのクセがすごいですよね(褒めてます)。エイトも関西らしくまぁまぁ派手だと思ってだけど、それ以上すぎて。特にペンライト。もはやペンライトじゃないし。

 

 

②最近のデスク

f:id:ssmsasa:20220606130453j:image

あんまり変わってないけど、現状がこれです。

滝沢歌舞伎のステフォが届いたので、B4のフレームに画用紙を挟んで縁を作り、阿部くんの写真を飾りました。同じく滝沢歌舞伎のアクスタも届いて右下に平置きしてるんだけど、安兵衛は常に飾る感じでもないからどうしようかなと考え中です。あとこの中央のカレンダーの阿部くんは、雄・阿部亮平って感じがして好きです。

 

 

③Jr.に詳しくなり、流れで嵐ブームになる

ここ1〜2年でドル誌を買ったり、YouTubeを見るようになってから、またJr.にちょっとずつ詳しくなってきました。(トラジャはJUMPのバックやってるから知ってた。そしてふぉ〜ゆ〜はJr.に入るの??分からん。)

「HiHi?美少年?インパク?ってゆーか少年忍者人数多くて絶対わかんねー」

状態だったのが、大体どのグループにどんな感じのメンバーがいるかまで分かるようになってしまいました。(なって「しまった」という表現が本当に正しい)

今までは「ただ単にバックで踊っているJr.たち」という印象だったのが、顔と名前が分かると違った楽しみ方ができるのがいい。

 

そんな訳で、最近この動画をよく見てます。


www.youtube.com

 

トラジャやHiHi、美少年、インパク、7MENが認識できると見るのが楽しい。そして嵐の王道感すげー。

 

そしてこの流れでDo you…?も見てる。

 


www.youtube.com

 

翔くんの腕まくり、いいよね!!!!!!!!

(基本男性は腕まくり派です。私の中で萌え袖OKなのは山田くんと阿部くんだけ。)

 

「こんなにJr.に詳しくなって、私このままだといつかJr.担になってしまうのでは?」という一抹の不安?を抱えているのですが、Jr.担は関東住まいじゃないと本当に無理だと思うの。だって現場や番協とかいっぱいあるじゃん。会場ほぼ関東近郊じゃん。ならせめて多少距離が近い関西Jr.担に…?ってなるけど、そういう問題じゃないよね。という一連のルーティーン思考です。

 

あと、ここ数年でエイトもJr.をバックにつけてツアーを回ったり、ライブ中にJr.の時間が設けられるようになったから、去年8BEATでバックについていたAmBitiousの一生懸命踊る感じも可愛くて可愛くて。

 

ただ、このJr.達に対する「可愛い」は自担への気持ちと全然違う。ただただ「可愛いなー、頑張れー」という甥っ子を見守る親戚のおばさん的な気持ちだから。(自分には子どもも甥っ子もいないけどね。姪っ子1名を溺愛しているだけ。)

自担は人生を共に生きている感覚なのです。喜怒哀楽を共有して生きていきたい。

 

 

今度この記事のJr.バージョンやってみよう。

(この記事書いた1ヶ月半後に阿部担になる事は完全に構想外だった)

ssmsasa.hatenablog.com

 

 

※この記事を1日前に完成させて予約投稿設定してたら、本日阿部くんの連ドラレギュラー出演発表されて、生きるモチベーション爆上がりです。

それではまた!

【SnowMan】阿部亮平の幕間ルーティーン動画からプロを感じた件

皆さまこんにちは。

 

阿部担になってからまだ半年弱という新規であることを自覚しつつ、「阿部ちゃん」から「阿部くん」という呼び方に変わりつつあるのが現在の私の精神状態です。(毎度のことながら実際に口に出すことはほとんどないからほぼ自意識の問題)

多分、この文章は阿部ちゃんと阿部くんが混在すると思います。

 

 

最近、バスタイム中に「すの日常 The Movie」阿部くんの幕間ルーティーンを見るのが最近の私のルーティーンになっているという、なんだかルーティーンのゲシュタルト崩壊を起こしそうな状態になっています。が、あの動画、阿部担だから見ているというよりも、YouTubeのバズり動画ばりに何故か繰り返し見ちゃう動画として私の中で君臨しています。

 

そもそも幕間ルーティーンは「滝沢歌舞伎2022」の1幕と2幕の間、目黒くんが白塗りを落とす様子を動画におさめたところからの始まりで、最初に見た時の目黒蓮の彼氏感?というか男感ヤバイなーという歓喜がすごかったと思うのですよ。目黒くんならではの内容だなと思っていたらふっかさん→康二くん(&ラウール)→さっくん(一瞬阿部ちゃん写り込み)→翔太くん→舘さま→照くん(撮影はふっかさん?)ときたものだから、メンバーで順番に載せるなんてSnowManは仲良しグループだなと思いながら滝沢歌舞伎千穐楽を迎えた訳です。

私の中ではさっくんの動画に「これから白塗りを落とすと思われる阿部ちゃん」が一瞬映り込んだだけでも大分嬉しかったし、個人的なイメージとして、阿部ちゃんってあまりこういう裏面を積極的に見せない印象があったんですよね。だから一人の阿部担としては阿部ちゃんが歌舞伎中に動画をあげないことに関して不満はありませんでした。

 

そして滝沢歌舞伎が終わったと共に「幕間ルーティーンの波も終わったぜ!」と思っていた次の日、阿部くんが幕間ルーティーンの動画をアップしました。

「えっ!舞台もう終わってますけれども!むしろ阿部ちゃんこういう動画出すのOKなんですか???」と思いながら動画を見たんですけれども、何度も繰り返し見る中で抱いた感想は阿部亮平は本物のアイドルだ」ということです。

 

今までのメンバーは、白塗りを落とすシーンを全て取りっぱなしでアップしていたんですよ。だから落としている時の様子がリアルだし、諸々の雑音(洗顔してる時の息づかいとか空調の音とか)も入り込んだりする訳で、ある種の男性としてのリアルさというか、下手すると共感性羞恥に近い感情を抱く部分も少しあったりした訳です。

そんな中、阿部ちゃんの動画は白塗り落としだけじゃなくて衣装チェンジから、途中のさっくん登場までを全部編集してナレーションを自分で入れるという、今までにない動画でした。きっと編集に時間がかかったたから千穐楽の次の日のアップになったのだろうと勝手に想像した。(特殊なタオル?で白塗り落としてる時「肌が強くて白塗り落とすぞって人は参考にしてください」って言ってたけど、そんな人いねーよと毎回心の中で突っ込んじゃう)

 

 

私は阿部くんのこういう精神が本当に大好きだ。

裏で何してるかは知らないけど、表に出ている時は絶対にアイドルのイメージを崩さないというか、彼氏っぽいコメントを求められる時もガチの彼氏感じゃなくてアイドル要素がちゃんと盛り込まれているというか。それが彼がよく言われる「あざとい」につながるんじゃないかなと思ってます。プライベートの一面を見せる時も絶妙で、ファンが程よく想像できる部分までしか見せないんですよね。きっと「あざとい」もアイドルが故のビジネスなんだと思うけど、もう本当にプロだなと。

 

アイドルの裏面なんて知りたくないし、特に私、阿部ちゃんに関しては本当にそういう裏面を知りたくない。多分阿部担のほとんどが私と同じ考えなんじゃないかと思っちゃうくらい、阿部くん自身もファンのそういう需要を分かって対応している感じがある。

他の自担は裏面(過去の恋愛遍歴とか)がどうしても見えちゃう時があって、でも裏面が見られて嬉しい時もあったりする。阿部ちゃんはそれすらも想像できないというかしたくない。

前にラウールと一緒に出演していた占い番組でも上手にかわしていたの、本当にアイドルしてるという感じがした。ちなみに「恋愛になるとソフトSになる」の件はファンが一番喜ぶギャップだと思う。具体的なエピソード聞かれた時に「言えるかー!」って返したのも完璧でした。ファンに程よく想像させる天才だ。

 

だからもし阿部ちゃんに今彼女がいるのだとしたら、彼女さんマジすげー!と思うし、それを一切表に出さない阿部ちゃんもプロだなと思う。(もし彼女がいるならの話です)

阿部ちゃんならきっと交際している事実を徹底的に隠し続け、然るべきタイミングでいきなり結婚を発表し、ファンを驚かせつつも祝福されるんだろうなという妄想を描いています。これ以外のパターンは現在受け付ける予定がありません。

 

 

という考えを1本の動画から繰り広げられるくらい、阿部くんのアイドルとしてのプロ意識を感じた次第です。

いつも1記事仕上げるのに1週間くらいかかるんだけど、今回は2日で書けるくらいの熱量でした。

 

それではまた!

担降りしたくないんだよの件

皆さんこんにちは。

 

 

ここ最近、推し界隈でちょっとキナくさい出来事が続いています。

 

タイトルの通り、担降りしたくないし自担のことを嫌いになりたくないからTwitter上では自衛して触れてこなかったことを、ブログには残しておこうと考えました。

 

 

文字にするのちょっと抵抗あるんだけど、ハッキリ言いますと、

「JUMP担・山田担でいることが恥ずかしいな、嫌だな」

と思う事が最近すごく多くて。

いや、推し始めた時から、何なら推し始める前からうっすら感じてはいた。それがここ最近ちょっとずつ表面化する出来事が重なったなと。

 

SNSでの「こうあるべき」という強めの主張

・「山田くんがかわいそう、○○さんひどい」的な発言の多さ(○○は、先輩・後輩・共演者など)

・ゲーム配信チャットでの言い争い「絵文字やめてください」「今日は何時までやりますかー?」「明日舞台挨拶あるなら早く寝た方がいいんじゃない」「山田くんのチャンネルなんだから、スケジュールの心配しないでください」等々の不毛なやりとり連発

・上記のせいで「JUMP担・山田担は過激でモンペが多い」という風潮になりつつある空気感

 

 

なんなら先日、「いつでもJUMP」の知念ちゃんの通話風ボイスを聴いて、「JUMP担だとしても、自分が知念担だったら平和に過ごせたのに」という歪んだ感情が最近芽生え始めてます←(知念ちゃんのアイドル精神は神だよ本当に尊敬しかないです知念担の方々を馬鹿にする考えは一切ありませんすみません)

 

そしてこの間のブログよ。

ブログについては、もう気分が悪くなるから1度閲覧してから読み返していない。

本人は本当に何も悪くないし、大多数のファン向けには配慮したメッセージであったことは手に取るように分かった。

ただ、「あー、またこれで『ジャニオタ・JUMP担・山田担って厄介な人多いよね』って思われるんだろうな」と思ったよ。色々な面で本当に悲しくなった。そして語弊のある表現だけど山田くんの気持ちに寄り添おうと思えないくらいのレベルです。基本、自分が前向きに生きるために担当から元気と生きる希望を貰いたいタイプのオタクなので、自担に元気を与えようという考えにならないんですよ。むしろ自分が元気を与えるなんておこがましいとすら思ってる。だから自担からマイナスな発言・発信があると心から悲しい気持ちになる。

 

オタクをやっていると「同担・同グループ担の人が嫌で担降りした」という話を時折聞くけど、マジでこれよ。今の私の精神状態。

「いや、自担は何も悪くないじゃん。他人がどうとか関係なく自分が自担を信じて応援すればいいじゃん。ファンが嫌で担降りするとか意味分かんない。」的な人もいるでしょう。

その考えは100%合ってますよ。私もそんなのは分かってるし百も承知してるのよ。

分かっていて「一緒にされるのが嫌」だし「気分がよくない」から担当でいるのが嫌になるんだよ。人間そんな筋が通ってたらもっと簡単に生きられるし、自分がめんどくさい系オタクなのも自覚はしている。

別に今回が初めて起こった出来事ではなくて、eighterオンリーだった頃から大倉くんのストーカーまがいの件とかも経験しているけど、当時はここまで気分が落ちなかったんだよなー。

 

私は山田くんの事を嫌いになりたくない。それは変わらない。

今、少し距離を置く期間なのかな。と。

ジャニーズって、本腰入れて応援しようとすると、特に山田君に関しては見たくないこと・聞きたくないことがどうしても目にしたり耳に入ることが多いので、今回みたいに予期せぬタイミングで勝手に傷つくことも多い。

まぁ「俺かわ」は毎回リアタイしてるし、ハガレンも映画館まで観に行ったけどね。遠くから見ている分には自分が傷つかずに応援できる。

そしてシングルは結局買っていない。「購入すること=義務感」になって担降りしたくない。その辺は無理しない。

 

うーん。相変わらずうまくまとまらない。

まあ今この文章を「8BEAT」の円盤見ながら書いてるからかもしれない。(むしろそうだ)

いやー、「関ジャニ∞アプリ」の神具合よ。わざわざディスクをデッキに入れなくてもアプリにシリアルナンバー入れればスマホからいつでも見られるの最高すぎる。メイキングとかは流し見するので本当にありがたい。

 

今まで実際に担降りしたり、冷め期に入ったけど復活した担当もいるので、

これからどうなるかは自分次第だと思うけど、現状こんな感じです。

それではまた!

【懐古】ジャニオタではなかった10年間を振り返る

皆さまこんにちは。

 

私は中学生の頃からジャニーズが好きですが、最初に沼落ちしてから次の沼にハマるまで10年ほどジャニオタをしていない時期がありました。

 

MJにハマって担降り➡︎大倉担になるまでの経緯は過去の沼落ちキッカケで書いた通りなのですが、その空白の10年間についてです。

時期でいうと2002年始め〜2012年の半ばくらいまで。

学年でいうと中3の冬〜社会人3年目までになるまで。

「えっ、一番ジャニーズやイケメンにときめいて一生懸命になる時期に、ジャニオタじゃなかったっておかしくない?」って思いますよね。私もそう思う。ホント謎。

 

1、他のアーティストが好きだった

実は2002年冬〜現在まで、アカペラグループRAG FAIRがずっと好きなんです。当時の世の中は空前のハモネプブームだったのと、元々アカペラ好きだったこともあり、「大学生になったらアカペラサークルに入るんだ!」と思い込んでいました。(結局、「全国大会金賞」の肩書きが欲しくて、高校から継続して吹奏楽部に入部した)

 

あと、2005年秋〜山崎まさよしのファンにもなり、当時FC会員になろうか本気で迷ってました。更に、大学生の頃に東京スカパラダイスオーケストラコピーバンドをやっていたから、スカパラもずっと好き。RAG FAIR山崎まさよしも、高校受験と大学受験のお供でした。おかげで合格できたよありがとう。

 

2、プライベートが充実していた

かなり語弊のある表現にしていますが、私の性格上、複数のジャンルに情熱を注ぐのが難しいようで、どうやらジャニオタしながら彼氏をつくれないタイプのようです。歴代の彼氏は全てこの空白の10年間で付き合って別れています。

 

また、大学4年間は完全に部活と恋愛(片思い専門)に夢中で、人生のピークだった自覚があります。中高で「このラインを超えると変な人扱いされていじめの対象になるかもだから大人しくしていないと」というストレスを抱えながら過ごしていた日々から解放され、「本来の自分」として他人と接することができるようになった開放感がすごかったんです。別になんてことないレベルのことかもだけど、私にとってはこの大学4年間の日々は大きかった。

 

そして社会人になってすぐに彼氏ができ、お互いの家で半同棲生活を送っていたけど、2年くらいで別れ、その後はそれ以前の元彼と不適切な関係になりメンヘラ化したからメンタルボロボロでしたけどね。

この時期よく聴いていたのはMr.Childrenミスチルに罪は無いのは重々承知だけど、「口笛」「Sign」はちょっとトラウマソングです。音楽って当時のことが一気に思い出されるから余計に。他のMr.Childrenの曲はもう全部好き。なのでミスチルリスペクトだということは強く主張しておきたい。

 

ちなみに、今まで付き合った人の共通点は思い出す限り「自分より身長が高い(170cm↑)」以外ない。見た目や経歴とか性格も割とバラバラ。前にも書いたけど一目惚れはしないし、好きなタイプを聞かれたら「尊敬できるところがある人」と答えます。結果好きになった人がタイプになるので、「恋するぞー彼氏作るぞー」というテンションで自分から出会いを求めないのもここ数年彼氏がいない要因かもしれないな。これだけでも長くなりそうだからいつか別枠で語ります。つまり「モテない」ということが言いたかっただけ。

 

そして、自担には「非日常」「ときめき」「生きる希望」を求めるので、自担にリアコではないことは強く主張したいんだけど、ジャニオタ再開してからまともな彼氏はいません。だから次に本格的に恋愛するのは自然の流れでジャニオタじゃなくなった時だと思ってます。

 

 

 

まぁこんなところでしょうか。

ただ、完全にジャニーズから離れていたかというとそうではなくて、

やぶひか&太陽くんの「金八先生

修二と彰(?)の「野ブタ。をプロデュース

MJの「花男」シリーズ

山田くんの「探偵学園Q」「古畑中学生

髙木くん&桐山くんの「ごくせん」

大野くん&生田斗真「魔王」

山Pの「コードブルー」

などを観たりしていたので、JUMPの一部メンバーについてはすごーくなんとなくの知識の一部という形で認識してました。

そう考えるとオタクから離れても結構ドラマは観ている。

 

振り返ると、オタクを離れてはいたけれど

「元MJ担で今は担降りしてるけど、ファンだったからジャニーズについてはちょっと詳しいよー!」

というスタンスで過ごしていたかな。

なのでエイトと大倉くんを好きになってジャニオタに出戻り?するのに抵抗はなかった。

いつかオタクから離れる日がくるのだろうかと考えたりしつつも全く想像つかないので、欲望のままに生きようと思います。

ジャニーズが好きであることは後悔しない生きかたをしたいな。

 

 

それではまた!

30代独身ジャニオタの日常〜阿部担と言えるようになったよ編〜

皆さまこんばんは。

 

現在の心境は、「大倉忠義をベースに山田涼介を遠くから見守り、阿部亮平を愛でる気持ちがピークなんじゃないかというくらい阿部ちゃんが可愛くて可愛くてしょうがない」という状態です。

 

①ネイルを変えた件

f:id:ssmsasa:20220426124628j:image

引っ越してネイルサロンを変えてから、一度様子見で無難なベージュのワンカラーにした後、デザインネイルでグリーン系にしました。(もう2週間くらい前だから結構伸びてきてるけど)元々メンカラ関係無く緑が好きなんです。ネイリストさんは前回に引き続きSnowMan渡辺担の方。ネイル中はゴリゴリのジャニーズトークでした。「ガムシャラ!」の話やなんと7ORDERの話まで。7ORDERの話を他人としたの初めてだと思う。Love-tuneがまだジャニーズにいた頃は「ガムシャラ!」を観て一人でジャニオタしてる時だったから、この時のことを共有できる人がこんなに身近にいたのかとビックリした。そして楽しい。

ちなみにLove-tuneなら阿部顕嵐くんと萩谷慧悟くんが好きだった。なんなら「ガムシャラ!」を楽しく観ていただけなので、Love-tuneというグループが存在するのをあまり分かっていなかったのと、安井くんに関しては仕切ることが多かったから裸の少年の風間ぽん的ポジションなのかなと思ってた。今見ると全然違うじゃんと今更実感してます。

 

 

②アラシックの親友、SixTONESにハマる

毎回、互いの自名義が当たったら一緒に現場に行く親友がいます。彼女とは保育園からの幼なじみで、10年以上翔くん一筋。そんな親友に久々に会ったら、SixTONES松村北斗くんの沼にガッツリハマっていました。キッカケはジャニフェスでの北斗くんの美声と朝ドラらしいのですが、私が阿部担を告げる前のタイミングだったこともあり、親友の傾向からして「もしかしたら何かのキッカケで阿部担になっているんじゃなかろうか…阿部ちゃんが尊敬する人は翔くんだし…」と謎の心配?が働きましたがただの杞憂でした。

私もそうだけど、決して同じ系統を好きになる訳ではないのがジャニーズの不思議でもあり魅力でもあります。そんな訳で、親友と一緒にSixTONESのアルバム2枚を車で一緒に聴いて盛り上がりました。いい曲ばっかりだ。

 

 

③阿部ちゃん担から阿部担へ

担当になって約2ヶ月半。やっと「阿部担」という呼び方が自意識の中でしっくりくるようになりました。(担当呼びは声に出さないのがささやかなこだわりなのでガチの自意識の問題です)

テレビで見た情報だけど、そもそも阿部ちゃん呼びが大凶なんですよね。「あべちゃん」にすれば画数的には問題ないのだろうか?よく分からないけど。という訳で、今後は阿部担というワードが頻度高めに出ると思います。

 

 

④自担2名の誕生日

5月は自担の大倉くんと山田くんの誕生月です。今まで本人不在の誕生会とか大々的にやったこと無いから今年もスルーするんだろうと思ってますが、自分がケーキを食べる理由の一つにしてお祝いするのはアリかなと思ってます。ケーキは不二家で買います。この間のジャにのの生配信は思うところもあったけど個人的には楽しめました。生配信後の動画まで観た方が気持ち的にはスッキリするかもです。

山田くんとは今くらいの距離感でいた方が健やかに推せる。多分ちょっと前の私だったら今回の生配信、憤慨している気がしないでもない。

今はもうすぐ配信されるであろう大倉くんのバースデーメッセージがどうなるのだろうかという不安と疑問を抱えて生きています。

 

 

最近は自担以外のジャニーズの話題も豊富で、日々目まぐるしく過ごしています。

転勤してから仕事が中々落ち着かなくてずっとバタバタしてるから、来月は溜まった有休とってゆっくりしたいなと思ってます。

 

また更新します!